私たち臨床心理士は、 心の問題で苦しむ人々を支援しています。

臨床心理士という存在

東日本大震災の発災1年後から学生と一緒に訪れている被災地では、今、災害公営住宅の建設が盛んに行われている。隣に気を使って生活していた仮設住宅と比べれば、一安心だろうと想像するのだが、物事はそれほど単純ではないようだ。最新の機能を備えた風呂場やドアに戸惑いを隠せない高齢者が多いという話を聞いた。
また阪神淡路大震災後に問題になっている、いわゆる孤独死の懸念も消えない。震災前と同じ場所に戻る人ばかりでないため、入居してからその土地で馴染んでいけるのかが、大きな問題となるようだ。住宅、機械など形は整ったとしも、そこに心が伴っていないとなるとやはり人は元気にはなれない。
そんな心の面をきちんと見ていくことができる存在としての臨床心理士であることを忘れないでいたいと思う。

2015年4月
石川県臨床心理士会
会長 武山雅志

石川県臨床心理士会とは?

石川県臨床心理士会は、県内在住、もしくは在職の臨床心理士とそれを支援する方々によって構成されています。心の専門家として、石川県民のみなさま、ならびに国民のみなさまの心の健康に寄与する事を目的とし、様々な場面でお役に立てるよう活動しています。

  • こういうトコロでお会いできます
  • こういうコトでお役に立ちます

石川県臨床心理士会は、石川県平成22年度自殺防止緊急対策事業に参加予定です。
研修会等のご案内は、「研修会・講演会の情報」でお知らせしていきます。

県士会お知らせ伝言板

石川県臨床心理士会 メンバールーム


Homeボタン
会員専用ページ
このページの先頭へ